2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度

 

2018年度 探鳥会観察記録

年月日 探 鳥 地 観   察   種 備  考

’18/8/19

石狩川河口

カルガモ ウミウ アオサギ イソシギ アカエリヒレアシシギ ユリカモメ ウミネコ オオセグロカモメ トビ   ハシボソガラス ハシブトガラス ヒバリ ショウドウツバメ カワラヒワ ホオアカ (15種)

あいにくの雨模様で、時折土砂降りの探鳥会。観察種は少なかったが、アカエリヒレアシシギを皆でじっくり観察できた。

’18/7/8

野幌森林公園

キジバト ツツドリ トビ コゲラ アカゲラ ハシブトガラス ハシブトガラ ヤマガラ ヒガラ シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ センダイムシクイ ゴジュウカラ クロツグミ キビタキ オオルリ アオジ (19種)

連日の雨で遊歩道の一部は水没し、まさに長ぐつの探鳥会となったが、天候に恵まれ予定のコースを周遊することができた。大沢の池での水鳥に期待したものの1羽も確認できず、また他の鳥ではキビタキがやや顕著に記録されたが、観察種・機会とも少なかった。

’18/6/24

福移

マガモ キジバト アオサギ カッコウ トビ チュウヒ ハシボソガラス ハシブトガラス ヒバリ ヒヨドリ ウグイス シマセンニュウ エゾセンニュウ オオヨシキリ コヨシキリ ムクドリ コムクドリ ノビタキ ニュウナイスズメ スズメ ハクセキレイ カワラヒワ ベニマシコ ホオアカ アオジ オオジュリン (26種)

福移小中学校校庭の巣立ち間近のコムクドリの親鳥たちは大忙し。草原の鳥たちの出はまずまず。河川敷ではチュウヒのV字飛行と旋回、ホバリング、捕食の一連の行動が数度繰り返され、一同大いに楽しんだ。

’18/6/17

野幌森林公園

キジバト アオバト ツツドリ トビ コゲラ アカゲラ ヤマゲラ ハシブトガラス ハシブトガラ ヒガラ シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ エナガ センダイムシクイ ゴジュウカラ クロツグミ キビタキ オオルリ ニュウナイスズメ キセキレイ アオジ(23種)

樹木の葉が生い茂り視認するには苦労したが、季節外れの低温のおかげでセミの声に邪魔されることなく、さえずりを楽しむことができた。

’18/6/10

厚別川

カルガモ カイツブリ キジバト カッコウ トビ アリスイ アカゲラ モズ ハシボソガラス ハシブトガラス シジュウカラ ヒヨドリ オオヨシキリ コヨシキリ ムクドリ コムクドリ ノビタキ スズメ カワラヒワ ホオアカ アオジ オオジュリン カワラバト(23種)

コヨシキリが賑やかに囀り、あちこちにノビタキが飛び交い、複数個所でカッコウがなき数羽が眼前を飛んでいた。皆でアリスイをじっくり観察でき、オオヨシキリ・オオジュリンも観察できた。

’18/6/3

植苗ウトナイ

コブハクチョウ キジバト アオバト アオサギ ツツドリ カッコウ オオジシギ トビ オジロワシ アカゲラ ハシボソガラス ハシブトガラス ハシブトガラ ヒガラ シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ センダイムシクイ メジロ コヨシキリ クロツグミ ノゴマ ノビタキ キビタキ オオルリ スズメ カワラヒワ イカル ホオアカ アオジ オオジュリン(32種)

多くの種類が声での確認となったが、前半は森の鳥 後半は草原の鳥を楽しめた。キビタキの雄がさえずるのを、割と近い場所で見ることができた。

’18/5/27

野幌森林公園(早朝)

キジバト アオバト ツツドリ フクロウ コゲラ オオアカゲラ アカゲラ ヤマゲラ ハシボソガラス ハシブトガラス ハシブトガラ ヤマガラ ヒガラ シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ オオムシクイ センダイムシクイ ゴジュウカラ クロツグミ アカハラ キビタキ オオルリ ニュウナイスズメ カワラヒワ アオジ (27種)

薄曇りの早朝、オオムシクイの歓迎を受け、小鳥たちのさえずりのシャワーの中に、あちらこちらにキビタキが姿を見せ、アオバトを観察し、そしてフクロウの親子を皆でじっくり見ることができた。

’18/5/20

鵡川河口

オオハクチョウ ヨシガモ ヒドリガモ カルガモ ハシビロガモ コガモ クロガモ カワアイサ ウミアイサ キジバト ウミウ アオサギ カッコウ ハリオアマツバメ チュウシャクシギ ユリカモメ ウミネコ カモメ オオセグロカモメ トビ オジロワシ チュウヒ ハシボソガラス ハシブトガラス ヒバリ ツバメ ウグイス コヨシキリ ノビタキ スズメ カワラヒワ ホオアカ オオジュリン カワラバト(ドバト)(34種)

前日までと打って変わって、やや風があったものの好天に恵まれた。干潟は水量が多くシギ・チドリが少なかったのは残念。ヒットは、チュウシャクシギと優雅に飛行するチュウヒの姿。

’18/5/13

千歳川

オシドリ ヒドリガモ マガモ カルガモ キンクロハジロ カイツブリ キジバト ツツドリ ミサゴ コゲラ アカゲラ ヤマゲラ ハシボソガラス ハシブトガラ ヤマガラ  ヒガラ シジュウカラ イワツバメ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ エナガ エゾムシクイ センダイムシクイ ゴジュウカラ クロツグミ コサメビタキ キビタキ オオルリ ニュウナイスズメ キセキレイ ハクセキレイ セグロセキレイ カワラヒワ イカル アオジ(36種)

小雨の中を実施し、時間短縮して帰りは、孵化場までの探鳥会とした。それでも夏鳥は一揃いし、目線で囀るオオルリ・キビタキのきれいな姿を堪能できた。

’18/5/6

野幌森林公園

オシドリ マガモ コガモ キジバト ツツドリ カワセミ コゲラ アカゲラ クマゲラ ヤマゲラ ハシブトガラス ハシブトガラ ヤマガラ ヒガラ シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ センダイムシクイ ゴジュウカラ キバシリ クロツグミ キビタキ ニュウナイスズメ カワラヒワ アオジ(26種)

スタート後小雨の中の探鳥会となり、大沢園地の東屋までの短縮探鳥会となった。それでも一通りの鳥たちの声を確認でき、大沢の池では、2羽のカワセミを皆でじっくり観察することができた。

’18/5/5

藤の沢

マガモ キジバト オオタカ コゲラ アカゲラ ヤマゲラ カケス ハシボソガラス ハシブトガラ ヤマガラ ヒガラ シジュウカラ イワツバメ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ エナガ センダイムシクイ メジロ ゴジュウカラ キバシリ クロツグミ ニュウナイスズメ スズメ キセキレイ ハクセキレイ カワラヒワ マヒワ イスカ シメ アオジ(31種)

雨含みのスタートで心配されたが、次第に上がり、桜満開の中、夏鳥たちが姿を見せてくれた。幸いにイスカの一群に遭遇し、皆でじっくり観察できた。

’18/4/29 野幌森林公園

オシドリ マガモ カルガモ コガモ カイツブリ キジバト アオサギ イソシギ トビ オオタカ ノスリ カワセミ コゲラ オオアカゲラ アカゲラ ヤマゲラ ハシブトガラス ハシブトガラ コガラ ヤマガラ ヒガラ シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス ヤブサメ センダイムシクイ メジロ ゴジュウカラ クロツグミ コマドリ ニュウナイスズメ ハクセキレイ カワラヒワ ウソ アオジ(35種)

さわやかな春の陽ざしのもと、クロツグミの出迎えを受け、コマドリの声を皆で楽しんだ。季節の鳥が揃いつつある探鳥会だった。

 

’18/4/22 宮島沼

ヒシクイ マガン シジュウカラガン コハクチョウ オオハクチョウ ヨシガモ ヒドリガモ カルガモ ハシビロガモ オナガガモ コガモ キンクロハジロ カイツブリ キジバト アオサギ オオバン トビ アカゲラ ハシボソガラス ヒバリ ヒヨドリ ノビタキ ニュウナイスズメ カワラヒワ アオジ(25種)

薄曇りの天候の中、日中にも関わらず、2万羽を超えるマガンが水面を埋め尽くし、多数の集団が飛翔する様は圧巻だった。数羽のシジュウカラガンが、すぐ近くでハシビロガモも観察できた。

’18/4/15 モエレ沼 オシドリ ヨシガモ ヒドリガモ マガモ ハシビロガモ オナガガモ コガモ ホシハジロ キンクロハジロ ミコアイサ カワアイサ カイツブリ カンムリカイツブリ キジバト カワウ アオサギ ダイサギ バン オオバン カモメ クロハラアジサシ トビ オジロワシ アカゲラ ハシボソガラス ハシブトガラス シジュウカラ ヒバリ ヒヨドリ ムクドリ ツグミ スズメ ハクセキレイ アトリ カワラヒワ イスカ オオジュリン (37種) 雨模様の状況下だったが、北海道ではやや珍しい旅鳥のクロハラアジサシが飛び、カンムリカイツブリの夏羽の個体もじっくりと観察できた。ヨシガモやオオバン、カワウなど、この時期にモエレ沼で見られる種類の多くを確認。イスカの群れなど、水辺の鳥以外も楽しめた。

比較的珍しいと思われる鳥などを赤字で表示してみました。